【既測量】とは?| 子育て勉強会| よくある質問| プロフィール| 個人情報| 相互リンク| リンク集| 無料で個別相談会を開催しています!|

しつけについて!

「お父様は、しつけについてどう思いますか?」

幼稚園、学校側は何が知りたいのでしょう? お受験の本質でお話ししましたネ!

「親がどんな価値観で 子育てをしているのか?学校の方針に従う姿勢があるのか?」

を知りたいのです。そして、それは父親の考えが最も影響を与える部分なのです。

 

それでは、皆さんはどのようなときに、お子さんをしかりますか?  思い出してみてください。

必ず一貫性があるはずです。

 

私が思いつくところでは、こんな感じでしょうか?

 

① 危険な行為

   明らかに危険と思われる行為や、交通事故につながるような行為は、即座にしかります。まず、 

   その危険から非難させた上で、子供の目をしっかり見て、二度としないことを約束させます。

 

② 他人に迷惑

   お友達や、家族に対しての迷惑な行為は、度が過ぎた場合はしかります。特にそのことが

   相手の迷惑になっていると自分で判りながらしている場合は、きつくしかります。そして、

   もし自分が相手の立場だったらどう思うか?を考えさせます。

 

③ 公共の場での態度

   電車、バス、レストランでの振舞いというのは、私ども日本人が最も、しつけとして足りない

   部分だと思います。

   幼稚園の電車でやバスでの送り迎えや、お教室への道のりの中で、じっくり教えたいところ

   です。この部分は、幼稚園、学校側も最も重視する部分だと思います。

   多少の長い時間でも、じっと待っていられることは、お受験では第一条件です。

   「さわがしい」と「子どもらしい」というのは全く違うことです。

 

④ ウソをついた時

   ウソをついた時にしっかりとしかることも大切です。また宗教教育の幼稚園、学校であれば

   より、道徳心というものを重視してくるでしょう。

   しかし、子供がウソをついた時、ただしかるだけでなく、親の態度や、家庭の環境の中に

   ウソを付かせてしまう要素が無いか?見直すことはとても大事なことだと思います。

 

皆さんはどうでしょうか? それぞれの優先順位はあると思いますが、具体的にどうしかるか

まで話せるようにしておきましょう。

 

 

"しつけについて!"へのトラックバック

トラックバック先URL

"しつけについて!"へコメントを投稿

上の情報を保存する場合はチェック