【既測量】とは?| 子育て勉強会| よくある質問| プロフィール| 個人情報| 相互リンク| リンク集| 無料で個別相談会を開催しています!|

自分が親から受け継いでいること。

 

ここでお父さんに、一度立ち止まって考えていただきたいことがあります。

 

それは、ご自分が幼少時代、お父さん、お母さんから受けてきた教育、与えられた環境に

ついてです。

 

どんなことが思い出されますか?

「親になってはじめて、自分の親の気持ちがわかる!」という言葉通り、私も今になって親に感謝する

ことばかりです。 また「あ~ あの時はこうして欲しかったなぁ~」ということもあります。

 

その中から父親として自分の子どもにも伝えたいこと、または日々の家庭生活の中に取り入

れていることがあれば、ぜひ、面接でもお伝えすべきです。とても大切なことですし、

伝統を重んじる学校側にも、うれしいことだと思います。

 

たとえば

「父親としての役割についてお話しください」

「お父さんはどのような幼少時代をお過ごしになりましたか?」

「ご両親とのかかわりの中で思い出に残っていることは?」

「ご家庭の教育方針をお話しください」

「伝統とは何ですか?」

「しつけについてお話しください」

などなど、さまざまな質問に答えることができます。

 

「がまんというものをどう教えていますか?」と言う質問に対して、

私は幼少時代、なにか近所のの友達が持っていて、買って欲しいものがあると、必ず父から

「三ヶ月がまんしたら買ってあげる!」と言われました。こどもの私は「そんなに経ったら

ブームが終わっちゃうヨー!」とダダをこねたものです。

「だったら本当には必要ない物なんじゃないかな?」と言われました。 

そんな父に文句を言いながらも、三ヶ月がまんをして、家の手伝いをした上で

買ってもらったときの喜びを今でも忘れません。

月日がたち、今、親に感謝しながら同じことを自分の子どもに話しています。

 

これは私が実際面接でお話ししたことです(恥2)

 

このように自分なりのシナリオをいくつか持てば、さまざまな質問にしっかり答えることが

できます。 このようなトレーニングまで個別相談ではおすすめしています。

ぜひご活用ください。

 

 

 

"自分が親から受け継いでいること。"へのトラックバック

トラックバック先URL

"自分が親から受け継いでいること。"へコメントを投稿

上の情報を保存する場合はチェック