【既測量】とは?| 子育て勉強会| よくある質問| プロフィール| 個人情報| 相互リンク| リンク集| 無料で個別相談会を開催しています!|

お父さんはお受験面接のトップバッター!

 「失礼します!」とドアを開いて、父親、子ども、母親の順で面接会場に入ります。

一番初めに入ってくるのが 父親です! まさにトップバッターですネ!

 

100点が合格点だとして、3人のうち 誰が点数を稼ぐのでしょう? 

この割合は 家庭によって違いますし、家族の総合力が試されるわけですから 

誰が点数を稼いでも100点を超えれば合格です! 

 

たとえば?

利発なお嬢さんで 50点  父 25点  母 25点 で合格!

内気なお子さんで 30点  父 30点  母 40点 でもOK!

 

でも????

 

子 50点 母 50点  父 -10点   では不合格なのです (>_<)

 

「その分 私ががんばりますんで!!!」と お母さんは言います。 

お気持ちは良くわかりますが お受験ママはみなさん 準備万端で

なかなか差をつけるのは難しいものです。

また、父親をさておき ガンガンしゃべりまくる母親像は あまり

美しいお姿とは映らないようです。

 

「母親はニコニコ! 父親の話すことにうなずいている」といつた姿が望まれるようです。

( 皇族ご一家をイメージされれば よろしいのではないでしょうか)

 

要はお父さんなのです!

 

緊張して、うまくしゃべれなかったわが子の分を 挽回できるのもお父さん!

せっかくいい線いっていた面接を、宗教上、教育方針で強い持論をしゃべりまくり

台無しにしてしまうのも これまたお父さんなのです!(ドキッ)

 

幼少期の受験には 小さな子どもに与えるプレッシャーなど、確かにデメリットはあります。

しかし、親のスタンスさえしっかりしていれば、これほど 家族の絆が深まり、親子で

一つの山を越える受験は他にはありません。

 

また 父親の役割がこんなに大きく クローズアップされる受験も これから先無いでしょう。 

何年か先、「あんたの面接のとき、お父さんはすごくがんばったのよ~!感謝しなさい!」

 

なぁ~んて奥様がお子さんに言ってくれたら最高ですね!

(逆のケースは、、、考えるのは止めときましょ!)

 

ご夫婦にとっても、子どもの将来、わが家の教育方針、与えてあげたい環境などを

話し合うまたとない機会となります。

 

ぜひ ポジティブにとらえ、 「お受験パパの底力を見せてあげましょう!」

 

 

"お父さんはお受験面接のトップバッター!"へのトラックバック

トラックバック先URL

"お父さんはお受験面接のトップバッター!"へコメントを投稿

上の情報を保存する場合はチェック